2007年05月05日

表情が変化する!

 
   先日万博記念公園の自然文化園に行ってきました。


   入り口を入るとまず目に入る物。


   それは…。


   太陽の塔です。


   そう。故 岡本太郎氏の代表作です。


   久しぶりに間近で見て、


   あぁ、太陽の塔っていろんな表情があるんだ…。


   …って思いました。


taiyounotou1jpg.jpg


   これ ↑ は真正面の顔です。


   ちょっとすねてるような、そんな表情に見えます。


     taiyounotou2jpg.jpg


   これ ↑ は真横から見た表情です。


   これは…。怒ってますか? 


   何に対して怒ってますか? 


   環境ですか? 今の時代を…ですか?


taiyounotou3pg.jpg


   これ ↑ は真下から見た表情です。


   これは…。泣いているんでしょうか?


   人類の将来を憂いていますか? 


   地球の未来を悲しんでいますか?


   …いろいろ考えさせられてしまいます。


     taiyounotou5.jpg


   太陽の塔の全体像 ↑です。


   皆さまは太陽の塔の表情を見て、何を感じられましたか…?



   参加しています。↓ クリック ↓ してもらえると嬉しいです〜♪
       
人気blogランキング  写真ブログ 日常写真


posted by えいと@ at 22:53| Comment(12) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪

魂が入ってますね。この顔には、心を感じます。

また、見る人の心も投影されてしまうような
そんな素晴らしい作品ですね。凄い!

古びない圧倒的な存在感。
燃え続ける太陽の顔ですね。
Posted by はるちゃん at 2007年05月06日 07:25
おお!太陽の塔!!千里のシンボル!!

おもしろいですね〜。いろんな表情が出てますね〜。
高いところから人間界を見て何を思っていらっしゃるのでしょうか・・。
岡本太郎先生はやはり偉大な芸術家ですね。
Posted by よつばのクローバー at 2007年05月06日 10:23
はるちゃん、こんにちは。

太陽の塔って力強いメッセージが込められた顔ですよね〜。
本当にすごい作品だと思います。

昔から何度も見てるのに、こうやって一眼で撮影してると今までと違った感覚に教われちゃいました。
顔が何かを訴えているような…。すごいオーラを感じましたね〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年05月06日 17:52
よつばのクローバーさん、こんにちは。

見る角度でぜんぜん違った表情になるんですよね〜。
もう、びっくりしました!
写真を始める前は、こういう角度で顔を見たことがなかったんですよね。

岡本太郎氏はやはり天才ですね!
これだけのメッセージを、造られてから40年も経った今、感じさせることができるなんて…。
すごい!の一言です。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年05月06日 18:00
こんばんは。
角度によって、表情の変化は正直まったく
気が付きませんでした。TVでしか見た事なかったし
かりに、実物を見ても気が付かないでしょう(苦笑)
しかし、こうしてあらためて見ると、凄いデザインですよね。
やはり、凡人には、発想できない超越したなにかを感じます。
@AKIRA
Posted by aa_ar@akira at 2007年05月06日 23:12
akiraさん、こんばんは。

えいと@もなんです。今まで気がつかなかったんです。
えいと@は何度も見に行ってるのに…ですよ〜。

こうやっていろんな角度から見るとおもしろいですね〜。
表情が違って見えるなんて…。びっくり。

故岡本太郎氏はすごい人ですね〜。生きておられる時は変な人〜って思いましたけど。(すみません…笑)
偉大な巨匠ですね!

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年05月07日 00:49
こんにちは。
一眼、活躍してますね〜(^-^)b
おニューのレンズも早速使ってるんですか?

ところで、太陽の塔には3つの顔があるそうですよ。
ひとつは、テッペンにある金色の顔。
二つ目は、えいと@さんが撮影された胴体にある顔。
そして、三つ目は背中に!ご存知でしたか?
黒い太陽が描かれているんですよ。
金色の顔は未来、真ん中の顔は現在、背中の顔は過去
の太陽を表しているそうです。
岡本太郎も凄いけど、私は岡本氏に「何でも好きな事
をやれ!」と、言い続けた奥様が偉大だと思う^^;;
Posted by たまてん at 2007年05月07日 02:21
たまてんさん、こんにちは。

うふふ。知ってますよぉ〜。
実はね、4つの顔があったそうなんですよ。
4つ目は地下にあったらしいんですけど、解体されてどこかに保管中に行方不明になっちゃったそうです。
この件は近いうちにUPしようと思っています〜。

そうなんですよね! 奥さまが偉い方ですよね。
岡本太郎氏が亡くなったあとも、太郎氏のために多くの活動されたと聞いています。
芸術家の妻は凡人ではダメなんですねぇ〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年05月07日 06:53
こんばんわ、ほんと色んな表情に見えますね!!!!
今度から、撮影の時もっと、被写体をよく見なくちゃ!!って
思いました!!!!!
@riko
Posted by @riko at 2007年05月07日 23:40
rikoさん、こんにちは。

そうなんですね〜。
えいと@もこんな風に『太陽の塔』を見たのははじめてて、
真下から見た表情が忘れられないくらいの強烈な印象を受けたんです。

40年近く前に、岡本太郎氏は何を感じてこの『顔』を造ったんだろう〜ってすごっく考えてしまいました〜。

被写体の角度を変えて見てみる…って思いがけない発見があるかも!ですね〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年05月08日 10:07
こんにちは。
太陽の塔の写真、もっと見たくて、こちらにも遊びに来てしまいました。
美しいだけじゃなくて、人を考えさせるこういうアートっていうのは貴重ですよね。
Posted by reiko at 2007年05月08日 10:57
reikoさん、こんにちは。

そうですね。
美しさや華麗さは、それはそれでいいと思いますけど、
やはり、なにか心に響くものがあると作品に生命が宿るように感じますね〜。

もしかして、その時の心境で見え方が変わってくるのかもしれませんね〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年05月08日 12:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。